コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

<中洲通信>30年で幕 発行人の名物ママ「一つの節目」--福岡(毎日新聞)

 ◇今月発売号で

 福岡市・中洲のバーから全国に向け約9000部を発行する月刊誌「LB中洲通信」(B5判、500円)が、今月発売の2月号で休刊する。発行人兼編集長の名物ママ、藤堂和子さん(63)は「80年の創刊当時、30年続けると言ったので一つの節目」と話す。【竹花周】

 ◇人生楽しむ人の

 24歳で中洲のバー「リンドバーグ」の経営を始め、貯金が1000万円たまったのを機に「何か形に残るものを」と創刊した。航空会社機内誌の編集者に相談し、手のひらサイズの冊子でスタート。やがてB5判の隔月発行となり、91年から月刊化した。

 発刊当時、店の客から「3号出ればいい方」と言われ、思わず「30年やります」と返した。冗談めかしたが、内心「石にかじりついてもやり抜く」と決心。店の傍ら筆も執り、締め切り間際に新幹線の車内で原稿を書いて、下車と同時にファクスで入稿という忙しさだった。

 編集部は東京に置き、中身も本格派。キャッチコピーは「人生を楽しむダントツな人の雑誌」。藤堂さんのコラムや対談のほか、文学、映画、音楽の話題を取り上げ、脚本家の山田太一さん、経済評論家の森永卓郎さんら旬な人物を特集してきた。バーの顧客の7割を占める県外客らの応援もあり、東京や京阪神の書店にも並ぶ全国区の雑誌となったが、収支は毎月百数十万円の赤字、店の売り上げをつぎ込んできた。「楽しいことを集めた本にしたかった。雑誌のおかげで縁も商売も広がった」と振り返る。

 現在、今月中旬発売の最終(通算283)号の編集が佳境。藤堂さんとジャーナリスト、手嶋龍一さんの対談などを掲載する。3月ごろに30年を振り返る「特集感謝号」も発売の予定。季刊情報誌として再スタートする構想も温めている。

【関連ニュース】
【新刊本】『オバマのアメリカ経済入門』=MBB編集部・編

まさきちのブログ
よつばのクローバー
出会いランキング
即日現金化
現金化
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターてつろういけだ

Author:ミスターてつろういけだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。